ご利用案内とご注意

ご利用案内

●トイレ
2014年に新設されたバイオトイレです。
男性小用、和式、洋式が各1つずつあります。
ご利用の際は料金箱に協力金をお願いいたします。

バイオトイレ

●水場
当小屋はこの山域で一番水に恵まれている小屋です。
徒歩3分ほど上の分岐にある天然湧水地からパイプで小屋に引水しています。
どなたでもご自由にお使いください。
冬期、パイプ凍結防止のため流し台は断水することもありますが、
湧水地自体は年中枯れませんのでご安心ください。

水場

●小屋
・素泊一名一泊4,000円です。

・ご宿泊予定の方は、こちらのページをご覧になってからご予約のお電話をおかけください。

・自炊小屋です。食料や、調理に必要な道具は基本的にご自分でご用意ください。

・お布団はあります。
客間は13畳、お布団を12枚敷きつめるといっぱいになる大きさなので
予約は12名までとさせていただいております。
予約のない方が緊急避難的にいらした時は、詰めあって寝ていただく場合もございますが、どうぞご理解願います。

・4名様以上のグループで小屋泊される方に
「カセットコンロ・ガス・大きな鍋」のレンタルセットが有ります。
鍋は直径25cm、一泊二日で1000円です。
(台数に限りあり、要事前予約、洗って返却)。
※一泊以上の登山では、火器は万が一のための装備として
最低でもパーティで1セットは持参されることをおすすめします。

49D03AAD-915B-496F-B74B-4B1BDF090A28 6ABD4C98-35B0-4FD0-8825-B2D17F0F5700

IMG_0515 74F12036-17E0-4DFA-B18D-6D6AFB688B13

●テント場
・一名一泊500円です。

・写真の黄色い看板が出ている日は、立ち寄り休憩の方でテント場が混雑します。
休憩の方が少なくなってからの幕営となります。
ご理解の上、ご協力をお願いいたします。

・奥多摩小屋閉鎖の影響により2019年9月、10月、11月の
混雑が予想される「指定日」は
テント泊も予約制とさせていただきます。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

・指定日以外はテント泊の予約は必要ありませんが、小さなテント場ですので
「6名様以上」
の団体のテント泊は事前にご連絡ください。

・夜間に到着してテントを張る行為は、他のお客様の迷惑となりますので
お断りします。遅くても日没前には到着してください。

テント場 3CFAFD9B-1E9A-41FF-BA52-C26BDEE18238

注意のアイコン ご注意

●七ツ石小屋は国立公園内の施設であり、キャンプ場とは違います。
とくに焚き火はかたく禁じられています。
その他の国立公園ルールはこちらの環境省のページをご覧ください。

●写真・映像撮影を目的として小屋に来られる方へ
・動画撮影(ドローン撮影やネット中継など)は、
事前に小屋番に許可を得てください(お断りする場合もあります)。
・夜間の撮影は、他のお客様へ迷惑をかけない範囲、
なおかつご自身の登山能力に見合った安全な範囲でのみお願いします。
とくに日没後に小屋から離れて撮影をしたい方には、
場合によっては小屋泊ではなくテント泊をお願いしたり
テントを張る場所を指定させていただくこともあります。
必ず入山前にお電話でご相談ください。

●ナイトハイクを計画している方へ
当小屋では、ナイトハイクとは、以下のような熟達した登山者のみが
完全な「自己責任」において行うものと考えています。
すなわち
「転滑落の可能性・クマやイノシシとの遭遇率の高さ・発見救助の遅れ等の
様々な危険を熟知した登山者」
なおかつ
「他人に迷惑をかけず、環境にも負荷をかけず
(つまり夜間の小屋への立ち寄りや、幕営地以外での幕営はせずに)
何にも頼らない自立した山行ができる登山者」
です。
よって当小屋ではナイトハイクの方に
山小屋としてのサポート(物品販売、休憩・宿泊場所の提供)は不要とみなし、
夜間(20:00〜夜明け)の小屋敷地内への立ち入りをお断りしております。
あらかじめご了承ください。
(ただし事故、怪我、遭難などの緊急時は対応しますので、関係者用扉をノックしてください)