雲取山登山の注意点(9/1更新)

このページでは、とくに利用者が多い
「鴨沢バス停または小袖登山口←→雲取山頂」、
いわゆる「鴨沢ルート」の一泊二日ピストン山行について説明しています。

通年の注意点

  • 2018年秋に、雲取山日帰りをしようとした方で
    小袖登山口付近で三件相次いで滑落事故が起きています(二件重症、一件死亡)。
    初心者の方や、登山歴にブランクのある年配の方にとって
    雲取山日帰りは危険を伴います。一泊二日以上の計画を推奨します。

    詳しくは当サイトブログのこちらの記事をお読みください。
    雲取山日帰りピストン考(前編)
    雲取山日帰りピストン考(後編)
  • かならず登山届を提出してください。

まず家族や友人に、山行計画と下山予定時刻を知らせ、「自分からの下山の連絡がなく遭難が考えられる場合は警察に連絡してほしい」と頼みましょう。
その上で警察にも登山届を提出してください。

奥多摩駅、鴨沢バス停、丹波山村営駐車場のトイレに登山届ポストがあります。オンラインでも提出できます。
山梨県警察サイト
http://www.pref.yamanashi.jp/police/p_tiiki/sangaku/teishutuhouhou.html

  • ここ数年、登山道の崩壊が進んでいます。
    とくに、堂所からブナ坂までの間のあらゆるルート上に崩落箇所があります。足元、頭上に注意して通行してください。

9月の注意点

  • 熱中症に注意してください。気温の高い日は頭痛、吐き気、足つりなどを訴える方が増えます。水分と塩分補給だけでなく、自分や仲間のペースを把握し、無理のない計画をしてください。
  • 夜は15℃前後になる日もあります。緊急時のためにも長袖シャツや薄手のフリース・ダウンジャケットなどをお持ちください。
  • 雷が発生しやすい時期です。
    天気予報に留意し、雷鳴が聞こえたら稜線に出るのはやめましょう。
    できるだけ午前中のうちに稜線上の行動を済ませましょう。
    七ツ石小屋にお泊りの場合、遅くても朝は6時頃に出発し11時には小屋に帰ってくるのがおすすめです。
  • 台風が発生しやすい時期です。最新の気象情報に留意した上で計画を立ててください。
  • 令和元年台風19号の影響
    日原林道はバスが通れるようになりましたが、日原林道へ続く登山道は通行止めが続いています。
    その他の登山道情報は奥多摩ビジターセンターのHPをご覧ください。
    https://www.ces-net.jp/okutamavc/info/52

参考になる外部リンク

雲取山(鴨沢ルート)は、体力度5、技術的難易度Bとなっています。
http://www.pref.yamanashi.jp/kankou-sgn/shintyaku/grading.html

  • 雲取山安全登山(奥多摩観光協会2017年作成)
    IMG_2761IMG_2762