雲取山登山の注意点(11/3更新)

このページでは、特に利用者が多い「鴨沢バス停または小袖登山口←→雲取山頂」、
いわゆる「鴨沢ルート」の一泊ピストン山行について説明しています。

通年の注意点

●去年秋に、雲取山日帰りをしようとした方で
小袖登山口付近で三件相次いで滑落事故が起きています(二件重症、一件死亡)。
初心者の方や、登山歴にブランクのある年配の方にとって
雲取山日帰りは危険を伴う場合があります。

詳しくは当サイトブログのこちらの記事をお読みください。
雲取山日帰りピストン考(前編)
雲取山日帰りピストン考(後編)

●かならず登山届を提出してください。
奥多摩駅、鴨沢バス停、丹波山村営駐車場のトイレに登山届ポストがあります。
オンラインでも提出できます。
山梨県警察サイト
http://www.pref.yamanashi.jp/police/p_tiiki/sangaku/teishutuhouhou.html

●ここ数年、登山道の崩壊が進んでいます。
とくに、堂所からブナ坂までの間のあらゆるルート上に崩落箇所があります。
足元、頭上に注意して通行してください。

10月の注意点

●日が短くなりました。
15時までに行動終了(宿泊地着または下山完了)するつもりで計画してください。
万一、トラブルや変更があったときに
行動終了・セルフレスキュー・ビバーク準備等のための
日没までの猶予時間」があるかどうかを常に意識しましょう。

早朝・夕方はツキノワグマの活動時間です。
この秋はとくにクマ・イノシシの目撃が多いです。
「暗い山は動物たちのもの」と考えて人間の行動は控えましょう。

●気温は東京都心よりおよそ10℃低いです(札幌と同じくらいとお考えください)。
この時期は最低気温は一桁台になります。
休憩で立ち止まるだけで汗冷えします。ダウンジャケットなどをお持ちください。

台風19号の影響
・鴨沢〜雲取山頂は通行可能ですが、
七ツ石小屋下分岐〜ブナ坂のルートは橋が崩落しています。
小屋の上の分岐を注意して通行してください。
・三峰口〜三峰神社のバスが復旧しました。
・奥多摩駅〜日原の道路崩落のため、日原方面へ続く登山道は通行止めです
(富田新道、唐松谷林道、稲村岩尾根など)。
・その他の登山道情報は奥多摩ビジターセンターのHPをご覧ください。
https://www.tokyo-park.or.jp/nature/okutama/index.html

行動計画例

●以下はコースタイム通りに行動できる方向けの、
休憩時間を含むごく大まかな計画例です。
ご自分のペースを考慮して、より詳細に計画を立ててください。
お住まいが遠くスタートが遅くなるようであれば
奥多摩町や丹波山村の民宿に前泊することもご検討ください。
実際に歩いてみて、計画より大幅に遅れる場合は
早めの時点で引き返す判断をしてください。

◎七ツ石小屋一泊(二日目登頂)の場合

1日目
奥多摩駅9:30発バス
鴨沢バス停10:30歩き始め
村営駐車場11:00
堂所12:30
七ツ石小屋14:00
2日目
七ツ石小屋7:00
雲取山頂9:30
七ツ石小屋11:00(昼食、パッキングなど)
七ツ石小屋出発12:00
村営駐車場14:00
鴨沢バス停14:30

◎雲取山荘一泊の場合

1日目
奥多摩駅7:00発バス
鴨沢バス停8:00歩き始め
村営駐車場8:30
堂所10:00
七ツ石小屋11:30
雲取山頂14:00
雲取山荘14:30
2日目
雲取山荘6:00
雲取山頂6:30
七ツ石小屋9:00
村営駐車場11:00
鴨沢バス停11:30

参考になる外部リンク

●西東京バス 時刻表
http://www.nisitokyobus.co.jp/rosen/pocket.html

●山のグレーディング (山梨県)
雲取山(鴨沢ルート)は、体力度5、技術的難易度Bとなっています。
http://www.pref.yamanashi.jp/kankou-sgn/shintyaku/grading.html

●雲取山安全登山(奥多摩観光協会2017年作成)
IMG_2761IMG_2762