雲取山登山の注意点(冬、有雪期)

冬、有雪期の注意点

このページでは、特に利用者が多い
「鴨沢バス停または丹波山村営駐車場←→雲取山頂」、
いわゆる鴨沢ルートのピストン山行について説明しています。
(2018.1.22更新)

★条件の厳しい季節です。必携の装備もたくさんあります。
初心者、高齢者、体力のない方、お子様連れの方には
この時期の入山はおすすめしません。

★六本爪アイゼン、またはフルアイゼンを必ず携行してください。
積雪・凍結すれば登山靴だけでは行動不能になる場合もあります。

★アイゼン歩行の場合、コースタイム通りには歩けないと考えてください。
通常の1.5倍〜2倍の時間を想定してください。
アイゼン歩行に慣れていない方は、雲取山の前に低山で練習を積んでください。

★気温が低いです。当小屋で-15℃、雲取山荘で-20℃を想定してください。
登山用の下着、ダウンジャケット、登山用のアウターなどを必ずお持ちください。

★日が短い季節です。17:00で真っ暗になります。
帰り、鴨沢から奥多摩駅ゆきのバスを利用の場合
土日「16:03」、平日「16:33」には必ず乗れるよう計画を立ててください
(車の方もこれに準じて考えてください)。

★お住まいが遠くスタートが遅くなるようであれば
奥多摩町や丹波山村の民宿に前泊することもご検討ください。

★JR青梅線、西東京バスは雪で運行停止することがあります。
国道411号線も雪崩等で通行止めになることがあります。
交通情報に常に留意し、無理な入山はお控えください。

★雪によりルートがわかりにくくなっています。
鴨沢ルート・石尾根縦走路以外は入らないほうが無難です。
冬は、春夏に通ったことのあるルートやメジャーなルートを通るのが基本です。
久しぶり・初めて・マイナーなルートは通らないほうが良いでしょう。

★七ツ石小屋は要予約、自炊小屋、水あり
奥多摩小屋は予約不要、自炊小屋、水少なし
雲取山荘は要予約、自炊小屋、水なし
です。詳しくは各小屋にお問い合わせください。

★こちらも参考にしてください
○西東京バス 時刻表

○雲取山安全登山(奥多摩観光協会作成)
IMG_2761IMG_2762