年末年始も通常通り営業します

今年もあっという間に年末ですね。
A907A884-10C0-4842-8C9C-AEB84BCF081D
2018年は、「雲取山2017ブーム」が去って静かな山になるかと思いきや、
登山者数はむしろ増えていたような気がします。
そのせいか、事故や遭難、怪我や体調不良が多かった年でもありました。

七ツ石小屋へのご宿泊者数は…
2016年、2017年に比べて、とっても増えました!
リピーターの方も増えましたし、ご新規さんも増えました。
数年前、小屋番Tのアルバイト時代には
「この小屋は消えて無くなってしまうのかな?」とも思われたことが、
今では嘘のようです。

お世話になっている丹波山村役場の皆さま、
鴨沢の「山の休憩所かゑる」のご夫婦、
折にふれお客様に七ツ石小屋の話をしてくださる、遠く近くの山小屋の方たち、
ならびにその小屋と七ツ石小屋、両方常連という方たち、
頻繁に宿泊してくださるお客様、
お友達を連れて来てくださるお客様、
立ち寄ってくださるお客様、
お越しは頻繁でなくてもツイッターやブログを見てくださっている方、
皆々様にほんとうに心から感謝しております。
ありがとうございます。

今の七ツ石小屋を気に入ってくださっている方の期待を裏切らないよう、
なおかつ、私たち小屋番夫婦と助っ人小屋番さんが楽しく仕事を継続していけるよう、
今後もさまざまな努力をしていこうと思います。
よろしくお願い申し上げます。

さて、大晦日・元旦も含め、七ツ石小屋は毎日営業しています。
年末年始の注意点を書いておきたいと思います。

・大晦日、元旦にお泊まりの方へ
特別なイベントは用意しておりませんが、
大晦日の夜は、就寝時間を22時とします(いつもは20時)。
テント場でも小屋でも、
「22時以降」は就寝する方の迷惑にならないよう、静かにお願いします。

また、「七ツ石小屋に泊まり、雲取山頂で初日の出を見る」
という計画はおすすめしません。
七ツ石小屋からだと、日の出2時間以上前の真っ暗な中を出発し、
道の細い、滑落危険箇所を通過しなくてはならないためです。
雲取山頂のご来光が目的の方は、31日の明るいうちに
奥多摩小屋や雲取山荘などへ到着して、そちらに宿泊してください。

日の出30分ほど前の明るくなった頃に小屋を出て、
七ツ石山頂で初日の出を見るのは良いと思います。
当小屋のテント場からも日の出は見えます。

・鴨沢から雲取山へのナイトハイクを計画している方へ
当小屋では、夜間(20:00〜夜明け)の小屋敷地内への立ち入りをお断りしております。
私たちは、ナイトハイクとは以下のような熟達した登山者のみが
完全な「自己責任」において行うものと考えています。
すなわち
「転滑落の可能性・クマやイノシシとの遭遇率の高さ・発見救助の遅れ等の
様々な危険を熟知した登山者」
なおかつ
「他人に迷惑をかけず、環境に負荷をかけないように行動できる登山者、
つまり就寝時間中の小屋への立ち寄りや、幕営地以外での幕営はせず
夜通し歩き続ける体力がある登山者」
です。
よって当小屋ではナイトハイクの方に
山小屋としてのサポート(物品販売、休憩・宿泊場所の提供)は
不要とみなし、立ち入り禁止としております。
あらかじめご了承ください。
(ただし事故、怪我、遭難などの緊急時は対応しますので、
関係者用扉をノックしてください)

大晦日も元旦も、事故や遭難の知らせを受けることなく
いつも通りに静かに新年を迎え、
テント場からきれいな初日の出を拝めるといいなと思っています。
入山者のみなさまが一人一人、安全登山を心がけていただけますようお願いいたします。
14127787-B0AC-4C62-84C8-C32BD6C4F9E8

SNSフォローボタン