3/31まで小屋泊者数を5名までとします

新型コロナウィルスの感染拡大防止策として
3月15日(日)まで小屋泊の上限人数を5名までとしておりましたが
この期間を延長して3月31日(火)まで
同様の措置とさせていただきます。

今後さらに変更があればこのブログでお知らせいたします。

テント泊は通常どおり受付中です
(3月中は全日予約不要、6名以上は要連絡というのも変わりません)。

以下、前回のブログの繰り返しとなりますが
小屋泊の人数減についてもう少し詳しく説明します。

自炊室は、5名座れるテーブルが2つありますが
それぞれ2、3名で使っていただけます。

客室は、仕切り布で三つに仕切ってあり
(大部屋を薄い布で仕切ってあるだけで個室ではありません)、
満室の日は4名、3名、3名で寝ていただいていますが、
それぞれの空間を1名か2名で使えます。
お布団は通常通りご用意しますが、
気になる方はご自分のシュラフなどをお持ちください。

5名で満室の日に、予約の無い方が緊急避難的に宿泊される際は
客室以外の部屋で寝ていただきます。
客室でお休みいただく人数が5名を超えることはありません。

ご予約が取りにくくなるかもしれませんが、
どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。
2FAE665F-DA4A-4184-B970-19F6F9C703A0

また、小屋では引き続き以下の対策を行っていきます。

・スタッフが1名のみの日もありますが
もしそのスタッフの体調が悪くなれば即下山させ、
代わりの人がいつでも上がれるよう準備しています。

・晴れた日の昼間は、自炊室・客室の換気を念入りに行っています。

・自炊室のテーブル、椅子の座面、自炊用トレイ、照明スイッチ、
トイレの便座、トイレのドアノブ、ペーパーホルダーなどを
アルコール除菌洗剤で1日に数回拭いています。

・気温が氷点下になり流し台の蛇口を止める時間帯もありますが、
常に流水で手洗いができるように水を確保しています。

・流し台に手洗い用の石鹸を設置しています。
水源林の植生保護を考慮し、合成洗剤ではない固形の純石鹸です。

これは「できていないこと」なのですが
・手指消毒用のアルコールが入手できていません。
必要な方はご自分で持参してください。

上下水道・電気・ガス・物流などのインフラが無い
標高1600mの山中の小さな宿泊施設で、
私たちが今できるだけのことを考えた結果が以上です。
皆さまのご理解ご協力をお願い申し上げます。

すでにご予約された方で、少しでも不安がある方は
キャンセルできますのでご連絡ください。

また、マスクや消毒用アルコールなどのご提供(差し入れ)は
お気持ちは大変ありがたいですが、お断りしております。

鴨沢ルートの麓に近いところでは、
もう3週間ほど前からスミレが咲き始めています。
でも小屋の周りや小屋より上では、まだ雪になる日もあります。
冬と春のせめぎあいが肌で感じられる、ワクワクする季節です。
計画と装備は十分にして、どうぞひとときの休息にいらしてください。
C341EDA2-AA4A-44AA-8085-ED112157487A

SNSフォローボタン